特許出願、又は、実用新案出願をする際に、どの弁理士に頼めばいいんだろう・・・。

と思ったことはありませんか。

名古屋、愛知、岐阜地域には、多くの弁理士がいるので、

その中から、たった一人の弁理士を選ぶのは、なかなか難しいですよね。

 

弁理士を選ぶポイントはいろいろとあり、一概には言えませんが、

少なくとも、

「出願しようとする発明の技術分野に強い弁理士を選んだほうがよい。」

ということは言えると思います。

 

弁理士試験は、特許法、実用新案法等の法律の試験なので、

全ての弁理士は、特許法、実用新案法等の法律を学んでいます。

 

しかし、弁理士が実際に扱うのは、科学技術であり、法律には記載されていません。

したがって、弁理士だからといって、全ての技術分野を理解できるわけではありません。

弁理士によって、得意な技術分野が異なるのです。

 

特許出願を弁理士に依頼する場合、弁理士が面談に伺います。

 

そこで発明者の話を理解できなければ、特許出願書類を作ることはできません。

 

何とか特許出願書類としての形になったとしても、発明のポイントがずれているかもしれません。

 

この場合、

 

あなたが特許出願書類をチェックする時に非常に手間がかかります。

 

また、弁理士が技術を理解できなければ、

面談時の説明に苦労し、あなたの時間を浪費することにもなります。

 

ただでさえ、商品開発で忙しいのに、説明に時間を浪費するのはもったいないですよね。

 

出願しようとする発明の技術分野に強い弁理士を選べば、

 

・発明者の話を理解してポイントを押えた特許出願書類を作ってもらえます。

・ポイントが押えられているので、あなたのチェックも容易です。

・面談もスムーズに終わります。

 

ですので、特許出願、又は、実用新案出願をするときには、

できるだけ、出願しようとする発明の技術分野に強い弁理士を選ぶように心がけると良いと思います。