弁理士試験の願書の受付が始まっています。

受付期間は、4月10日までのようですので、

名古屋で弁理士を目指す方は忘れないように、願書を提出しましょうね。

特許庁のホームページを見ていて気づいたんですが、

平成28年度(来年度)から、弁理士試験制度が変わり、短答試験に、科目別の合格基準が導入されるようです。

総合得点が合格点であっても、1科目でも科目別の合格基準を下回った場合は不合格となるようです。

これで、「著作権法は捨てて特許法に集中!」などという手は使えませんね。

 

弁理士試験も年々厳しくなっている印象がありますので、

名古屋で弁理士を目指している方々は、

弁理士試験制度が変わらない今年中に合格できるように頑張ってくださいね。