最近、名古屋市とその周辺地域の経営者の方々にお会いする機会が何度かあったのですが、
名刺交換の時に、商標登録の必要性、メリットについて、数名の方から質問をいただきました。
オリンピックのロゴ変更の件もあって、商標について、少し気になっている経営者の方が多いようです。

商標を登録した際に得られるメリットはたくさんありますが、その1つは、
「安心して事業を継続することができる」ことです。

商標を登録すれば、商標登録した会社名、店舗名、商品名、ロゴなどを独占使用する権利が得られます。
このため、他社が同じ社名等、又は類似する社名等を使用した場合に、差止請求をすることができます。

また、他社の使用によって損害が発生している場合には、損害賠償請求をすることができます。

(他社にライセンスすることもできます。)

 

「相手に権利行使なんてしないよ」をお思いの方もいらっしゃると思いますが、

権利行使しなくても、商標権は確保しておくことをお勧めします。

 

仮に、商標を登録しておらず、他社に商標権を取得された場合には、

差止請求や損害賠償請求をされてしまうリスクがあります。

 

「自分自身が商標権を確保した上で、他社に権利行使をしない」という状況と、

「他社に商標権を取得され、いつか権利行使されるかもしれない」という状況では、

大きな差があります。

 

仮に権利行使されてしまった場合、相手方からの請求額は、びっくりする額であることが多いです。

相手方はこちらの売上を大きく見積もり、金額を提示してくるからです。

また、相手方の請求に対応するために、弁護士費用と弁理士費用がかかってきます。

何より、精神的にきつい状況になります。

 

なお、商標登録は、基本的に早い者勝ち(早く商標登録出願した者の勝ち)です。

あなたが、先に商標を使用していても、周知性を取得していなければ、他社に商標登録されてしまいます。

 

また、あなたが使用している商標について、商標調査(すでに他社によって商標登録されているか否かの調査)をしていない場合、

気付かないうちに他社の権利を侵害しているかもしれません。

 

今まで商標登録出願を検討したことがなかった方はたくさんいらっしゃると思いますが、

一度、名古屋の特許事務所に商標調査を依頼することをお勧めします。

そして、できれば商標登録出願してください。

 

商標は、登録するまでの初期費用はそれなりにかかるのですが、

一度登録されてしまえば、1年あたり、飲み会数回分の費用しかかかりません。

 

商標登録するための費用は、権利行使された場合の費用(相手方に支払う費用、弁護士費用、弁理士費用)に比べれば、かなり少ない費用です。

 

何より、商標権を確保していれば、安心して事業を継続することができます。

今後、何年間も事業を継続するのでしたら、一度、名古屋周辺の特許事務所に相談してみてくださいね。

 

以上、参考になれば幸いです。