名古屋・愛知・岐阜地域の経営者の方、
商標について弁理士に相談するタイミングっていつがいいんだろう?
と思ったことはありませんか

今回は、商標について弁理士に相談するタイミングについて書いてみたいと思います。

・新しい商標を検討中の場合

 ロゴ作成、名刺作成、パンフレット作成、パッケージ作成、看板作成、ドメイン取得などの投資をする前に、弁理士に相談することをお勧めします。

 弁理士に相談するのが投資の後になり、調査の結果、商標登録できないことが分かった場合、ロゴの作り直しなど、投資が無駄になるかもしれません。

投資の前であれば、他の商標を考えればいいので、大切な資金を無駄にすることがありません。

もし、いくつかの商標の候補で迷っている場合は、どの商標なら商標登録できるのかを、弁理士に聞いてみるのがいいと思います。

・すでに、商標を使用している場合

 この場合は、すぐに弁理士に相談することをお勧めします。
 他人に先に商標出願されてしまうかもしれませんし、
 他人の商標権を侵害している可能性もありますので。

名古屋・岐阜地域には、気さくに相談に応じてくれる弁理士が多いので、ちょっとでも不安に思ったら、気軽に相談してみてください。